MENU

ブラックリストはリスト化されているわけではない

借金の返済が滞ったりするとブラックリストに載ってしまい、その後の借入が困難になるということは周知の事実です。これと似た状況で申込みブラックというものがあります。

 

これは、短期間のうちに複数の会社に対しキャッシングやローンの申請をしたために借入がしにくくなること、またはその人を指しています。今までに延滞などのトラブルが全くなくても、申込みブラックになってしまい借入をすることができないという事態が発生してしまうのです。

 

借入の申請をすると、信用情報機関に登録され集中管理されます。そのため、他社であってもその人に借入情報を知ることができ、一度に何社も借り入れを申し入れていることが簡単に判明してしまうのです。

 

貸し付ける側の立場から見れば、短期間に何社にも借り入れを申し入れるという行為はよほど金策に困っていると認識されてしまい、貸し倒れや延滞の可能性が高いと判断されてしまうのです。

 

金利を比較したいためだけであったとしても、短期間に複数の借入の申し入れは避けるべきです。通常は1カ月に3社までは問題ないとされているようですが、この申込みブラックの基準は各社ばらつきがありますので、借入申請は慎重に選んでから行うのが賢明です。

返済が滞る前いすべきこと

返済が大きく遅れる、債務整理や自己破産をするということになると信用情報の上でブラックになるのですが、そうなる前に出来ることはしておくと良いでしょう。

 

例えば多くの借り入れを一つの業者からのまとまった金額で一本化をするおまとめローンです。1社から大きな金額で借りることで金利の低下、利息負担の軽減、返済の手間の削減が望めますので、スムーズに完済を目指すことも出来るようになります。